MENU

食事に見る、一緒にいて幸せになれる人と、そうでない人

あの人のことが好きだけれど、このまま付き合いを続けていて、良いのだろうか。

 

果たして、あの人は、運命の人なのだろうか……。

 

彼のことは大好きだけれど、付き合っている内に、ふとそのようなことを、考えてしまう瞬間はあるものです。

 

そこで、彼があなたにとって、一緒にいて幸せになれる相手なのかどうかを、食事の様子から、簡単に判断する方法を、紹介したいと思います。

 

自分本位な男かどうか

たとえば、大皿に料理がもりつけられていて、レモンやゴマ、ネギ、こしょう、たれなど、調味料や薬味の類を、後からかける場面があるとします。

 

そこで彼が、小皿に料理をとりわけてから、調味料や薬味をかける人なら、O.K。

 

でも、自分の好きな調味料や薬味を、小皿に取り分ける前に、大皿に盛られた料理全体にかけてしまう人は、N.Gです。

 

これは、一緒に食事をしている相手に対する気遣いがなく、自分本位な男性であることを意味しています。

 

何でも自分の思い通りに事を動かしたがり、あなたの意向は無視されてしまう可能性が高いと考えられます。

 

頑固な男かどうか

誰でも、良いと思ったものや、美味しいと思った料理、美味しい食べ方は、他人に薦めてみたいものではありますが、度が過ぎるのは考え物。

 

「絶対うまいから食べてみろ」

 

「これはこうして食べるべき」

 

「こんなにうまいものが食べられないなんて、おかしい」

 

などの発言は、要注意です。

 

このような発言をする男性は、価値観が凝り固まっており、頑固で、他人の意見を受け入れない傾向にあります。

 

付き合いを続けたり、結婚したりすると、あなたが疲れ切ってしまう可能性が高い相手です。

 

優柔不断な男かどうか

これは、最も分かりやすいかもしれません。

 

外食の際、メニューを選ぶのに時間がかかる、注文してから、やっぱりあっちにしておけばよかったな、と悔しそうにしている、あなたのお皿の物を欲しがる、そのような男性は、決断力に欠け、どちらかと言うと、あなたがリードしてやらねばならないタイプ。

 

男らしくない、と、あなたが愛想を尽かせてしまう可能性が高いタイプです。

 

おわりに

彼の人間性は、食事という切り口でなくとも、付き合っていくうちにだんだん分かるものです。

 

しかし、比較的早い段階で、彼の真実の姿を知りたい場合には、食事という本能的な行動で、人間性を見る方法は、意外と力を発揮します。

 

それに、付き合いに馴れが生じ、ふと本性が現れるという場合もありますので、覚えておくと、何かと役に立つでしょう。